Competition Fly Lines for Sea Trout & Salmon Distance

Competition Fly Lines for Sea Trout & Salmon Distance

「実際の釣りに使っている道具が使える種目」という観点からスタートしたフライキャスティングカテゴリーの種目ですが、やはり勝つためにはそれなりの工夫が必要になります。競技専用ブランクもちらほら出始めたようですが、まず最初に「競技用フライライン」をご紹介させていただきます。今の日本でこの種目の最先端を突っ走っているであろう、KFCC(神奈川フライキャスティングクラブ)の皆さんにご協力いただき、このまとめページを作らせていただいております。今回はシートラウト・サーモンディスタンス種目用で、5種類で合計6本のラインをご紹介いただきました。
ご協力ありがとうございます!

Competition Fly Lines, for Sea Trout Distance

国内では情報も少なく専用のラインが手に入りにくいシートラウトディスタンス用ライン。DT8〜10FやロングベリーWFを狙いの重さにカットして使用することも可能だが、海外では専用のラインがいくつか販売されている。情報として紹介するが注文、トラブル等自己責任でお願いしたい。これらのラインを大会で使用する前に重さと長さのチェックは必須。大抵は重く、長く作られており、そのまま大会で使用すると失格になる恐れがある。

TSDシートラウトTDH 27g 15mと17.5m

メーカーは『Tellis Flugfiske』 スウェーデンのフライフィッシングショップ
http://tellis-flugfiske.se/
このトーナメントラインはスカンジナビアで人気があり、スウェーデンのキャスターの多くが使用している。また2016年からシートラウトディスタンスラインとして世界に流通している。15mはシュート後のループの持ちが良く、キャストしやすく風があっても無くても扱いやすい。またスウェーデンチャンピオンシップのウィニングライン。
17.5mは扱いが少し難しいライン。追い風を上手く利用するか、15mと同じラインスピードが稼げれば驚くほどの飛距離を得られる。腕力に自信がある人向け。
これらのラインはライン自体が柔らかい為、暑い日本の夏季気温ではラインが柔らかくなりすぎ飛距離は伸びない。
価格は1本 349.00スウェーデンクローナ(支払いはユーロとアメリカドルでも可)。
注文はホームページ内のWeb Shopから。基本はスウェーデン語だが英語でも対応してくれる。国際郵便で1本から送料無料だが、クレジッカード、PayPalでの支払いに対応しておらず、口座振り込み。国際送金手数料が4000〜5000円掛かり、少量で注文するとかなり割高となるので注意が必要。他にもロッドやフィッシンラインなど様々な取り扱いがあり興味のある方は調べてみるのもいいだろう。
ちなみにオーナーのTellis Katsogiannosは、オリジナルのTSDスペイロッド(価格は7,495SKE)を使用し、2016世界選手権スペイ15ftクラスで優勝している。

バリオ ST27トーナメントヘッド 15m 27g

『Barrio Fly lines』は、イギリスのフライラインメーカー
https://www.flylineshop.com/barrio-fly-lines.html
ハリのあるこのラインはシュート後のラインスピード、カッ飛び感は1番。ただ飛行途中でライン先端部が暴れてループがクラッシュしやすく、スピードの割に飛距離が伸びない傾向がある。しかし向かい風のコンデションでは張りがありスピードを上げやすいこのラインを間違いなく選択するだろう。
試してはいないがメーカーのラインナップにあるGT125 WF8Fをカットして使用している海外のキャスターも存在している。またイギリス国内大会ではトラウトディスタンクラスにおいて、エキスパードディスタンスWF5Fと同モデルWF5Fも使用されている。(注:UKルールでの使用。国際大会は、SAのEXDWF5Fのみ)
*残念ながら現在このラインは販売されておらず、問い合わせをしてみたが再販は未定とのこと。
価格は1本 27.60ポンド。注文はホームページ内のウェッブショップから。英語対応のみ。
国際郵便を使い1本から送料無料。支払いは各種クレジットカード、PayPalに対応。スペイラインやDT、WFなど比較的安価で販売されており、フィッシングラインとして興味のある方はそれらを試してみるのもいいだろう。

Sea Trout Distance SH 20,5m 27g

『MKB Design Flylines』はノルウェーのラインメーカー
Webサイトが無いため、注文はFacebook Page『 @mkbdesign』へ、Messageで発注。
オーナーのMikaelの好みを反映したロングヘッド。ダブルテーパーラインをベースにデザインされている。長いラインが故にループの持ちは良いがキャスト時に手首や腕に掛かる負担は相当なもの。しかしラインスピードが上げられればかなりの飛距離が望める。相当に腕力に自信がある人向けのライン。ラインのコーティングは丈夫だが、TSD同様に,このラインも柔らく気温が高い時期には向かない。
価格は1本 50ユーロ。注文はFacebook Pageから。英語対応。国際郵便を使い1本から送料無料。支払いは銀行振込とPayPalに対応。他にロッドやフィッシングラインも販売されており、興味のある方は問い合わせてみるのもいいだろう。

Competition Fly Lines, for Salmon Distance

スペイラインをカットしてキャストしている人が多いと思われるこのクラス。日本では流通されていないが専用ラインが海外では販売されている。17m前後のショートヘッドは扱いやすく投げやすいが、シュート後のループが途中で展開しクラッシュするケースがあり、扱いにくくはなるが記録を狙うならある程度の長さが必要だと感じている。これらのラインを大会で使用する前に重さと長さのチェックは必須。大抵は重く、長く作られており、そのまま大会で使用すると失格になる恐れがある。

Equalizer Extreme Distance head 19.8m 55g

『Gaelforce Flyfishing 』 イギリスのメーカー
https://www.gaelforceflyfishing.com/
日本ではトーナメントスペイラインでお馴染みのゲールフォース。スペイラインと同様にかっ飛び感はピカイチ。ややハリのあるこのラインはロッドへのノリがわかり易く、飛距離も稼ぎやすい。初心者からエキスパートまで扱いやすいラインだと言える。価格は1本74.99ポンド(約12000円)送料別途必要/約10ポンド。注文はホームページから。英語のみ。支払いは各種クレジットカード、PayPalに対応。他にもスペイラインやロッドも販売しており、興味のある方はお試しを。

Salmon Distance SH 約22m 55g

『MKB Design Flylines』はノルウェーのラインメーカー。
シートラウト用のラインと同じく、Facebook Page @mkbdesignへ、Messageで発注。
長くて柔らかいこのラインは滑らかなキャストを要求され、やや神経質な印象だが、ループの持ちも展開も悪くなく、丁寧なキャストをすれば綺麗なループを維持しつつ十分な飛距離をもたらしてくれる。キャスターのスタイルにもよるが、柔らかめのロッドやエキスパート向け。価格は1本 50ユーロ。注文はFacebook Pageから。英語対応。国際郵便を使い1本から送料無料。支払い方法は銀行振り込みとPayPal。

一覧表にしました

上記5種類6本のラインをまとめたものが下記の表になります。ご参考までに。