Fly

Tagged
キャスティングスポーツ練習会のご案内
練習会開催案内

キャスティングスポーツ練習会のご案内

キャスティングスポーツの敷居は、まだまだ高いと考えています。どんな道具を使っていいのかわからない、競技用のプラグが入手できない、お店に売っていない、等、ご迷惑をおかけしているところも多々あるかと思うところです。そこで、今回は、JCSF主催のキャスティングスポーツ練習会を開催しますので、ご案内させていただきます。 JCS...
2017HCK北海道オープンキャスティング競技会開催案内
大会開催案內

2017HCK北海道オープンキャスティング競技会開催案内

公  認:JCSF 一般社団法人日本キャスティングスポーツ連盟 主  催:HCK 北海道キャスティングクラブ 大会長 :高木繁一  審判長:湊巧  事務局長:福田泰完 後  援:つり人社、North Angler’s 開催場所:旭川市雨粉町富沢 カムイの杜多目的運動公園 開催日時:2017年7月8日(土)・...
HCK春季旭川競技会開催案内
大会開催案內

HCK春季旭川競技会開催案内

2017年HCK春季旭川競技会開催案内 主催:HCK(北海道キャスティングクラブ) 公認:JCSF(日本キャスティング連盟)  後援:つり人社 大会委員長:福田泰完  審判長:湊 巧  事務局:福田泰完 開催場所:旭川市石狩川河川敷(仮) 開催日時:2017年5月14日(日)雨天決行(但し、雷の場合中止) 受付開始:A...
全日本フライキャスティングフェスティバル運営事務局からのご案内
フライキャスティング

全日本フライキャスティングフェスティバル運営事務局からのご案内

いよいよ迫ってまいりました、愛知県岡崎市で開催される全日本フライキャスティングフェスティバル。釣りにも丁度いいシーズンまっただ中での開催ではありますが、この大会から得られるスキルアップが、この大会の後の釣りを楽しむ上での大きなきっかけに成り得るかもしれません。是非ご参加いただきたいと主催者一同お願い申し上げます。 当日...
2017年HCK春季函館競技会開催案内
キャスティング大会

2017年HCK春季函館競技会開催案内

今回からは「トラウトアキュラシー」も開催種目に取り入れます。水の上での競技ではなく、陸上での競技の普及の意味も込めた実験的な取り組みです。 2017年HCK春季函館競技会開催案内 主催:HCK(北海道キャスティングクラブ) 公認:JCSF(日本キャスティング連盟) 後援:つり人社 大会委員長:川村 真悟  審判長:湊 ...
全日本フライキャスティングフェスティバル開催案内
フライキャスティングフェスティバル

全日本フライキャスティングフェスティバル開催案内

主催:一般社団法人日本キャスティング連盟 KEN-CUBE 大会委員長:鈴木康友 大会審判長:岡本堅史 大会事務局:小田切栄 開催日時:2017年4月22日(土) 23日(日) 受付開始:22日午前8:00~8:30 23日午前8:00~8:30 競技開始:22日午前9:00 23日午前9:00 開催場所:愛知県岡崎市...
フライキャスティング種目 Trout Accuracy
トラウトアキュラシー

フライキャスティング種目 Trout Accuracy

トラウトアキュラシーのルールは、ちょっとわかりにくいところがありますので、おさらいも含めて紹介していきます。 ロッドは275.5cm以下、フライラインはEXD#5指定 この種目でも使うラインは、3M社のマスタリーシリーズ・エキスパートディスタンス・コンペティション#5指定です。今回は15mまでの距離に置かれたターゲット...
フライキャスティング種目 Trout Distance
トラウトディスタンス

フライキャスティング種目 Trout Distance

JCSFルールは世界標準のルールです。いつも決まって2年毎の偶数年に開催されているフライキャスティング世界選手権で採用しているルールと同じルールを、JCSFでは当初から採用しています。4月に開催される「フライキャスティングフェスティバル」に向けて、ここからはフライキャスティング種目のルールについて解説していきます。まず...
全日本フライキャスティングフェスティバル開催案内速報!
大会開催案內速報

全日本フライキャスティングフェスティバル開催案内速報!

昨年行った「おとがワ!ンダーランドキャスティング大会」の開場で、4月にフライキャスティングフェスティバルを開催することが決定しました! 詳細につきましては続報が届き次第、改めてご案内させていただきますが、まずはご自身の4月22日と23日のスケジュールをご確認ください。釣りに行く予定がありましたら、岡崎市方面に変更をお願...
JSC大会が開催されました

JSC大会が開催されました

JSCの大会が開催されました 絶好の天気の中、2017年最初の大会が、本日開催されました。詳細な成績や報告は後日に回しますが、楽しそうな写真がとどきましたので、共有させていただきます。 詳しい記録などは、後日届き次第、Upさせていただきます。 うぅ〜ん、楽しそうだ!
プラグ正確度種目の練習の時
イベント情報

プラグ正確度種目の練習の時

ライントラブルは練習の時にもよくあることです プラグが切れる 正確には、プラグの結び目が切れる、ということですが、練習をしていると、振り切った瞬間に飛んで行くことがあります。何回も結び変えれば良いのですが、調子に乗っているとつい忘れてしまいがちです。芝生の上ではそれほど頻繁ではありませんが、草がないグランドやコンクリー...
メジャリングの考察2017その5
フライ正確度

メジャリングの考察2017その5

Thomasが使っていたロッドのバットガイドは、リールのガイドから100cmのところに付いています。そしてドライラウンドではNo5の長さ以上のラインを出さないようなメジャリングでラインの長さをコントロールしています。これを前提にウエットラウンドのメジャリングを解説します。 Tメジャー・ウエットラウンド編 ドライラウンド...
メジャリングの考察2017その4
フライ正確度

メジャリングの考察2017その4

1994年9月に開催されたキャスティングスポーツ世界選手権スイス大会。この大会をきっかけに、今の日本のキャスティングスポーツの歴史は大きく変わりました。この大会に日本から参加した選手たちは、遣唐使が如く、あらゆる情報を持ち帰り、今に繋げています。その1つがフライ正確度種目にも根付いているのです。 Thomas Mair...
メジャリングの考察2017その3
フライ正確度

メジャリングの考察2017その3

フォルスキャストをしないウエットラウンドのメジャリングについて解説します。先ずは基本中の基本のウエット用メジャリングです。 フォルスキャストできないウエットラウンド ドライラウンドを打ち終えた後、No5のラインの長さからNo1のターゲットまでの長さに手繰る必要があります。ドライラウンドのNo5を投げ終えた時に、保持して...
メジャリングの考察2017その2
フライ正確度

メジャリングの考察2017その2

フライキャスティングのラビリンス(迷宮)のようなこの種目。実は分かってしまえば簡単な種目でもあります。 メジャリングの基本 メジャリングの目的は、ラインの長さ調節。バックキャストのときにグリップを持つ手の中指にフライラインを引っ掛けながらホールをし、その中指でラインを押さえたままフォワードキャストをすると、その長さ分だ...
メジャリングの考察2017その1
フライ正確度

メジャリングの考察2017その1

キャスティングスポーツのルールは、なかなか複雑なものがあったりします。1種フライ正確度種目の攻略方法について解説していきます。 距離は決まっているのだから測ればいい 5つのターゲットを使うこの種目のルールは、8mから13mの間に1.8m間隔で置かれた5つのターゲットに指定された順に当てていくこと、です。フォルスキャスト...
陸奥からのご案内
クラブ情報

陸奥からのご案内

JSC陸奥の活動報告が届きました。寒い中でもアツく切磋琢磨する面々、お近くの方は是非次回の練習会等にご参加下さい。 “陸奥”とは… JCSFを知ると間もなく耳にするであろう“陸奥”のワード。これはJCSFに属するJSC(ジャパンシューターズクラブ/主に関東を拠点に活動するキャスティングクラブ)の東北メンバー及びその活動...
ハンドクラフト展終了しました

ハンドクラフト展終了しました

多くの方々にご来場いただき、JCSFの活動について、ご説明させていただきました。多くの方々に多大なるご理解とご賛同をいただけましたこと、感謝申し上げますと共に、今後の我々の活動について、気を引き締めて参らねば、と思う次第です。 今月から大会が始まりますが、練習会も並行して進めていきたいと考えております。今後ともどうぞよ...
ハンドクラフト展4階奥です
イベント情報

ハンドクラフト展4階奥です

開催中のハンドクラフト展ですが、メイン開場の5階から1フロア下の、4階の右奥の会議室にJCSFのテーブルを置かせてもらっています。5階に「無いな?」となって4階でも「あれ?」と思われても、その奥にももう1つ会議室がありますので、奥までお進みください。 お隣にあるコーヒーメーカーの方々と仲良くやらせていただいておりますの...
ハンドクラフト展はじまります
イベント

ハンドクラフト展はじまります

つるや釣具店主催のハンドクラフト展が今日から開催されます。 第27回を迎えるこのイベントには、25回から参加させていただいています。フライフィッシングを若い人にも広げていきたい、入り口を増やしていきたい、という、当店の店主、山城さんにお声掛けいただいての参加です。 キャスティングスポーツとハンドクラフト、あまり馴染みが...
Paladinというメーカー
Paradin

Paladinというメーカー

ICSFのWebサイトにもあるPaladinのロゴ、実はこの会社は釣具メーカーです。ICSFのスポンサーにもなっています。 ドイツ代表選手だったThomas Maire選手が、選手を引退した後に、メーカーに取り入ってキャスティング専用の道具をラインナップさせました。Web Book形式のカタログを画像にして、関係のある...
中途半端な記事ですみません

中途半端な記事ですみません

ちょっとまとめきれていない記事なので、近日中に書き直します。 数日前に2011年世界選手権フライ片手投げ距離種目決勝を記事にしたところ、以外なところから反響がありました。 進化するキャスティングスタイル チェコのKarelからメッセージが飛んできて、何かというと「2011年のときと今とでは投げ方変えてるよ」と。ちょうど...
エストニア・インドア大会のご案内
ICSF

エストニア・インドア大会のご案内

エストニアからのお誘いです。インドアの大きな体育館でのキャスティング大会です。日本からの参加は難しいかと思われますが、面白い試みも付け加えられていますので、紹介させていただきます。 4月1日開催 エストニアの首都・タリンで開催されるこの大会は、屋内のサッカー場で行われます。開催される種目は、ICSF種目の1〜5種、フラ...
2011年ICSF世界選手権チェコ大会2種決勝
フライ片手投げ距離

2011年ICSF世界選手権チェコ大会2種決勝

さすがにフライ種目の記事は多くの方にアクセスしていただけます。YouTubeからもう一本。 2011年2種決勝戦 この映像を選んだ一番の理由は、男子決勝で優勝したWlodekと2位のKarelが手前から2人並んでいて、その様子をベストの位置から撮影されているからです。 金メダリストWlodzimierz TARGOSZ...
第2種目フライ片手投げ距離種目
フライ片手投げ距離

第2種目フライ片手投げ距離種目

日本で「キャスティングスポーツ」というと、まっさきに思い浮かぶのがこの種目、フライ片手投げ距離種目ではないでしょうか。 38gのフライライン 38gという重さのフライラインは、なかなかイメージできません。グレイン数では586グレイン。全長は15m以上。これをシューティングヘッドのようにフルラインを出した状態で投げます。...
第5回フライキャスティング世界選手権
フライキャスティング世界選手権

第5回フライキャスティング世界選手権

今大会で5回目となる「フライキャスティング世界選手権」が、2018年8月16日から19日まで、イギリスの北部の街・Port Haveriggで開催されます。今年(2017年)ではありませんので、ご注意下さい! フライキャスティング世界選手権 2年ごとに開催されているフライフィッシングで日常使う道具を使って行う国際大会で...
超ショートホール
Fly Casting

超ショートホール

Fly Fisherにも一度起稿させていただいた「超ショートホール」について、ご質問をいただきました。 日本のキャスティングスポーツの歴史は、幾つかの変革の時期があります(これもひとつの記事になりますね)。1970〜80年代に参戦していた選手が築いた歴史を第1期とすると、1994年から2001年のワールドゲームズ秋田大...
フライ正確度
フライキャスティング

フライ正確度

フライ種目の基本も、やはり正確度種目です。正確に投げられるからこそ、飛距離も伸びるというものです。 道具はちょっと特殊? フライ正確度種目では、ドライラウンドとウェットラウンドと、2つの投げ方を求められます。ドライラウンドは、ターゲットに当てるときにフォルスキャストを最低1回はしなければいけないルールがあり、逆にウェッ...
フライリールの話
Fly

フライリールの話

フライリールの話としながら、なんでモノフィラのラインの写真がでているか、というと、海外の選手の中には、このスプールを使ってリールを自作している選手が結構いる、のです。中にはセンターにベアリングを入れて、回り始めたら止まらない、というようなリールを作っている人もいたりするのです。 使う種目は、1種?2種? http://...
1種用リーダーの結束方法
Fly Accuracy

1種用リーダーの結束方法

競技用のリーダーとは? フライ正確度種目の写真を見ていると、フォトジェニックなシーンとして「フライがターゲットに当たった瞬間にあがる水柱」があります。釣りの場合は静かに自然にフライを落とすことが当たり前なのに、競技では水柱?「おかしくない?」いえいえ、そんなことはありません。競技の目的は、いかにターゲットに当てるか、な...
2種6種で競技中のライントラブル

2種6種で競技中のライントラブル

2種6種のライントラブルの対処方法 競技中にランニングラインが絡んだときの対処法です。丁寧に結んで時間的に損をしていませんか? 足元に手繰ったランニングライン。シュートしたときに絡まって飛んで行くこと、ありますよね。競技中にアシストしていて、解いている間にタイムアップ、なんてことになったら、サポートしてる意味もなくなる...
EV1練習用ターゲットのご案内

EV1練習用ターゲットのご案内

以前にもご紹介した1種フライ正確度種目の練習用ターゲットを、改めてご紹介させていただきます。正式なルールでは60cmのターゲットを用いますが、このドラム缶キャップは59.7cm。3mm小さい、とはいえ練習に使うには誤差の範囲と言えるでしょう。1種の練習では、メジャリングというラインの長さの調整が重要になります。常に正確...