正確度

Tagged
HCK春季旭川競技会開催案内
大会開催案內

HCK春季旭川競技会開催案内

2017年HCK春季旭川競技会開催案内 主催:HCK(北海道キャスティングクラブ) 公認:JCSF(日本キャスティング連盟)  後援:つり人社 大会委員長:福田泰完  審判長:湊 巧  事務局:福田泰完 開催場所:旭川市石狩川河川敷(仮) 開催日時:2017年5月14日(日)雨天決行(但し、雷の場合中止) 受付開始:A...
2017年HCK春季函館競技会開催案内
キャスティング大会

2017年HCK春季函館競技会開催案内

今回からは「トラウトアキュラシー」も開催種目に取り入れます。水の上での競技ではなく、陸上での競技の普及の意味も込めた実験的な取り組みです。 2017年HCK春季函館競技会開催案内 主催:HCK(北海道キャスティングクラブ) 公認:JCSF(日本キャスティング連盟) 後援:つり人社 大会委員長:川村 真悟  審判長:湊 ...
フライキャスティング種目 Trout Accuracy
トラウトアキュラシー

フライキャスティング種目 Trout Accuracy

トラウトアキュラシーのルールは、ちょっとわかりにくいところがありますので、おさらいも含めて紹介していきます。 ロッドは275.5cm以下、フライラインはEXD#5指定 この種目でも使うラインは、3M社のマスタリーシリーズ・エキスパートディスタンス・コンペティション#5指定です。今回は15mまでの距離に置かれたターゲット...
メジャリングの考察2017その5
フライ正確度

メジャリングの考察2017その5

Thomasが使っていたロッドのバットガイドは、リールのガイドから100cmのところに付いています。そしてドライラウンドではNo5の長さ以上のラインを出さないようなメジャリングでラインの長さをコントロールしています。これを前提にウエットラウンドのメジャリングを解説します。 Tメジャー・ウエットラウンド編 ドライラウンド...
8種マルチプライヤー正確度種目
8種マルチプライヤー正確度

8種マルチプライヤー正確度種目

「マルチプライヤーリール」とは今の日本では死語に近いかもしれません。直訳すると「両軸受けリール」です。投げることを目的としたこのタイプのリールの主軸は、バスフィッシングで使う『ベイトリール』でしょう。石鯛釣りや日本の鯉釣りスタイルでも使われていますし、遠投カゴ釣りでも使われています。船で使う方は「胴付きリール」という方...
トップウォータープラッガーに捧ぐ(ベイトロッドでアキュラシー)
マルチプライヤー正確度

トップウォータープラッガーに捧ぐ(ベイトロッドでアキュラシー)

18gは5/8ozだということ 日本国内で「ベイトリールを使う釣り」というと、バスフィッシングとなるでしょう。実際に使われているベイトリールの大多数は、バスフィッシングで使われています。他には船釣り(カワハギ釣りとか電動リールとか)やカゴ浮き釣り、石鯛釣り、鯉釣りとかでしょうか。一日に何百回と投げる釣り、いわゆるキャス...