記事

Category
2018年度登録更新申請お願いいたします

2018年度登録更新申請お願いいたします

早いもので2017年も残す所あと1か月となりました。来るべき2018年に向けて、JCSFでも来年の会員登録更新手続きを進めさせていただきたいと考えております。 JCSFへ登録するメリット JCSFが主催する大会は、原則的にはどなたでもご参加いただけます。ご出場いただいた大会での記録の公認申請をしたい、ということになった...
2018年以降の世界選手権
ICSF総会

2018年以降の世界選手権

先週末に開催された2017年ICSF総会の際に、2018年のICSF世界選手権についてプレゼンがありました。ホスト国はSweden。2000年に世界選手権が開催されたKalmarの近くのRonneby。期間は9月5日から9日。最寄りはDenmarkのCopenhargenとのことです。下の写真にあるホテルが宿泊先です。...
ICSF総会に出席しました
ICSF

ICSF総会に出席しました

ポーランドで開催されているICSF総会に参加してきました。JCSFの活躍が高く評価された会議になりました。来年もWorld Cupをと要望されています。詳しくは帰国後に!
中止のお知らせ

中止のお知らせ

今週末に予定されておりました岡崎市でのフライキャスティング大会ですが、台風による悪天候が懸念されるため、中止となりました。参加を予定されておりました選手の方々のみならず、見学を楽しみにされておられた方々には申し訳ありませんが、ご了承いただきたくご案内させていただきます。
いよいよ2017世界選手権です

いよいよ2017世界選手権です

本日から2017年度キャスティングスポーツ世界選手権がポーランドで開催されます。 日本からは4名の選手がチーム登録して参加します。 シャモトウィイ このポーランドのシャモトウィイは、我々にとって記念すべき初参加の地でもあります。会場も同じ、ホテルも同じところです。2014年に開催されたときには、9種で銀メダルを取ったり...
各種お問合せにつきまして

各種お問合せにつきまして

各位 現在、JCSFのWebサービスを、Googleの非営利団体プログラムでの運用に切り替えています。その申請手続き期間中は、各種お問合せメールがうまく機能しない場合があるかもしれません。ラインの購入等のお問合せは、こちらのメールアドレスまで、ご連絡下さい。 info@castingsport-jcsf.com また、...
ACCWキャスティング競技会開催レポート

ACCWキャスティング競技会開催レポート

8月6日、兵庫は市川にてキャスティング競技を開催いたしました。 8月の猛暑の中、ヘトヘトになりながらも、和気藹々としながらも競技に勤しみました。 今回、特筆すべきは、17歳の女性が参加されたことでした。自分から参加したいと申し込まれたそうです。 また、御歳60歳オーバーの草壁さんはやはり強かったです。サーモンとスペイ1...
”2017 ICSF World Cup 4th in Tokyo”
World Cup

”2017 ICSF World Cup 4th in Tokyo”

先日行われた2017年World Cup 第4戦東京大会のレポートです。今大会の立役者の一人、佐々木アキさんがまとめてくれました。 2017年-6月29日 むせかえる都会の匂いと照りつける日差しを背に降り立ったのは、東京下町、浅草。宿泊先のホテルを探すべくナビを片手に歩く。上野からタクシーに乗ったものの、運転手はどうや...
2017年HCK第18回北海道オープンキャスティング競技会レポート

2017年HCK第18回北海道オープンキャスティング競技会レポート

関東では梅雨明けを思わせる真夏日が続く中、梅雨がないと言われる北の大地で「第18回北海道オープンキャスティング競技会」が開催されました。 この競技会は「北海道キャスティング倶楽部(HCK)」という、北海道のキャスティング競技の礎を築き、多くの名選手を輩出し、今尚、熱い情熱を持って活動しているメンバーやサポーターの方々の...
スロバキアチームが出場します
World Cup

スロバキアチームが出場します

強豪国からの参戦が決定しました。スロバキアチームを率いるMeszaros家の次男、Janから「スロバキアから5人(うち1人女子)、行くからよろしく!」とエントリーがありました。ベテランから若手まで、幅広い年齢層で来日するようです。 スロバキアチーム Karol Michalik Karol Mikula Rastisl...
2017年度世界選手権代表選手選考につきまして
世界選手権

2017年度世界選手権代表選手選考につきまして

ICSFの正式メンバーであるJCSFでは、2017年にポーランドで開催されるICSF主催キャスティングスポーツ世界選手権に代表選手を派遣します。本来であれば「代表選考会を開催して選抜を…」とするべきではあるのですが、昨年までの現状を考えると、割り当てられている定員数を越したことがないのが現状です。ということからも、本年...
フライキャスティング種目 Trout Distance
トラウトディスタンス

フライキャスティング種目 Trout Distance

JCSFルールは世界標準のルールです。いつも決まって2年毎の偶数年に開催されているフライキャスティング世界選手権で採用しているルールと同じルールを、JCSFでは当初から採用しています。4月に開催される「フライキャスティングフェスティバル」に向けて、ここからはフライキャスティング種目のルールについて解説していきます。まず...
自作リール作ってみました
自作リール

自作リール作ってみました

なんということはない記事がよく読まれていたりします。 フライリールを自作するということ 例えばこの記事がそうです。 フライリールの話 意外なほど読まれていてビックリしています。であるならば「作らねばなるまい」になるのは自然な流れです。で、行ってきました。ホームセンター。設計図とかは何も作らずに、空いてるスプール1個持っ...
2か月連続投稿完了
継続は力なり

2か月連続投稿完了

とりあえず2か月、毎日更新しました コンテンツ作りの一環 まずは自分自身でどのようなフローで記事を作ればいいのかを検証するために、と始めてみた毎日更新ですが、ネタだしは未だに苦労しています。書いてもらった記事を掲載することとか、昔の記事の掘り起こしとかもやっている反面、自分でも書きたいことが沢山あったりします。でも、圧...
2012世界選手権の記事を作り直してみた

2012世界選手権の記事を作り直してみた

リンク切れが多く残っているWebサイトですが、2012年の世界選手権の記事をきれいにしてみました。なかなか読み応えがあるので、お時間のあるときに、読んでみて下さい。思い出の残る良い大会でした。 2012世界選手権・Tallinn に向けて移動中 Helsinkiという街1 Helsinkiという街2 Tallinn 大...
JSC大会が開催されました

JSC大会が開催されました

JSCの大会が開催されました 絶好の天気の中、2017年最初の大会が、本日開催されました。詳細な成績や報告は後日に回しますが、楽しそうな写真がとどきましたので、共有させていただきます。 詳しい記録などは、後日届き次第、Upさせていただきます。 うぅ〜ん、楽しそうだ!
メジャリングの考察2017その4
フライ正確度

メジャリングの考察2017その4

1994年9月に開催されたキャスティングスポーツ世界選手権スイス大会。この大会をきっかけに、今の日本のキャスティングスポーツの歴史は大きく変わりました。この大会に日本から参加した選手たちは、遣唐使が如く、あらゆる情報を持ち帰り、今に繋げています。その1つがフライ正確度種目にも根付いているのです。 Thomas Mair...
片付けの成果
JCSF情報

片付けの成果

家の中の片付けをしていると、思いもよらない所からびっくりするものが出てきたりします。 フィッシングショーで追っかけをしていた少年時代 今みたいなオッサンになるはるか以前、海外から来日した選手などにいろいろとサインを頂いていたことがありました。最初の頃はご丁寧に色紙まで持参してお願いしていたんでした。上のはノルウェーから...
JCSFが加盟する組織について
ICSF情報

JCSFが加盟する組織について

JCSFはICSFに正式に加盟しています。 ICSFとJCSF 2013年に設立した我々『一般社団法人日本キャスティングスポーツ連盟』は、日本国内において「唯一法人格を有する」キャスティングスポーツ団体として、国際キャスティングスポーツ連盟(ICSF)に加盟しています。そして日本を代表してICSFの理事も、JCSFから...
まずは投げてみる
最初の練習

まずは投げてみる

キャスティングスポーツの入り口としてのご案内です。 子どもでもできるのがキャスティングスポーツ 競技者人口の平均年齢を考えると【超高齢者社会】にもみえてしまう現状です。まだ一般的に広まっていないこの競技ですので、マニアック好みの人がはまり込んでいったのが、今のこのスポーツの根源です。とはいえ、若い世代ができないスポーツ...
陸奥からのご案内
クラブ情報

陸奥からのご案内

JSC陸奥の活動報告が届きました。寒い中でもアツく切磋琢磨する面々、お近くの方は是非次回の練習会等にご参加下さい。 “陸奥”とは… JCSFを知ると間もなく耳にするであろう“陸奥”のワード。これはJCSFに属するJSC(ジャパンシューターズクラブ/主に関東を拠点に活動するキャスティングクラブ)の東北メンバー及びその活動...
チェコのインドア大会
Czech

チェコのインドア大会

YouTubeに2月上旬にチェコで開催された大会の様子がアップされました。下の画像をタップすると再生が始まります。モバイル環境の方はご注意下さい! 子どもの数が、半端じゃない! 体育館の中でこれだけの人数を一日でよくさばけるのだな、と思いつつ、何よりも子どもたちの数の多さに驚きます。そして、みんなうまい! 子どもの頃か...
ハンドクラフト展終了しました

ハンドクラフト展終了しました

多くの方々にご来場いただき、JCSFの活動について、ご説明させていただきました。多くの方々に多大なるご理解とご賛同をいただけましたこと、感謝申し上げますと共に、今後の我々の活動について、気を引き締めて参らねば、と思う次第です。 今月から大会が始まりますが、練習会も並行して進めていきたいと考えております。今後ともどうぞよ...
ハンドクラフト展はじまります
イベント

ハンドクラフト展はじまります

つるや釣具店主催のハンドクラフト展が今日から開催されます。 第27回を迎えるこのイベントには、25回から参加させていただいています。フライフィッシングを若い人にも広げていきたい、入り口を増やしていきたい、という、当店の店主、山城さんにお声掛けいただいての参加です。 キャスティングスポーツとハンドクラフト、あまり馴染みが...
EV7スピニング両手投げ距離種目
Plug Casting

EV7スピニング両手投げ距離種目

ある意味日本のお家芸ともいえる種目が、スピニング両手投げ距離種目です。サーフキャスティング種目に親しいところから、この種目にだけ参加する選手も少なくありません。 ガイドは「大口径ガイド」が今でも主流 この種目の道具も様々です。特にガイドについては、今の釣り用のロッドについているガイドとは、全く異なる考え方をしています。...
中途半端な記事ですみません

中途半端な記事ですみません

ちょっとまとめきれていない記事なので、近日中に書き直します。 数日前に2011年世界選手権フライ片手投げ距離種目決勝を記事にしたところ、以外なところから反響がありました。 進化するキャスティングスタイル チェコのKarelからメッセージが飛んできて、何かというと「2011年のときと今とでは投げ方変えてるよ」と。ちょうど...
1か月連続投稿完了!
JCSF

1か月連続投稿完了!

どうなることかと思っていた、毎日投稿。正直、大変でした。 一日イチ記事 一つの記事をまとめるのに、どれくらいの時間がかかっているかというと、平均すると2〜3時間位かかっていたかと思います。ネタを決めるのに費やす時間は省いています。すぐにひらめくこともありますし、降って湧いてくるときもある反面、なかなか出てこないときだっ...
第5回フライキャスティング世界選手権
フライキャスティング世界選手権

第5回フライキャスティング世界選手権

今大会で5回目となる「フライキャスティング世界選手権」が、2018年8月16日から19日まで、イギリスの北部の街・Port Haveriggで開催されます。今年(2017年)ではありませんので、ご注意下さい! フライキャスティング世界選手権 2年ごとに開催されているフライフィッシングで日常使う道具を使って行う国際大会で...
8種マルチプライヤー正確度2
Plug Casting

8種マルチプライヤー正確度2

グリップの握り方は、その人の手の大きさ等の違いもあるため、一概に「こう持ったほうがいい」という定石はありません。ただ、今までいろいろな持ち方を試してみて、大きく分けて2つの持ち方に分類できると考えます。 深く握るのと浅く握るの違い 左の「浅く握るタイプ」の持ち方は、ふわっとプラグを落としに行くような投げ方に向いています...
8種マルチプライヤー正確度種目
8種マルチプライヤー正確度

8種マルチプライヤー正確度種目

「マルチプライヤーリール」とは今の日本では死語に近いかもしれません。直訳すると「両軸受けリール」です。投げることを目的としたこのタイプのリールの主軸は、バスフィッシングで使う『ベイトリール』でしょう。石鯛釣りや日本の鯉釣りスタイルでも使われていますし、遠投カゴ釣りでも使われています。船で使う方は「胴付きリール」という方...
超ショートホール
Fly Casting

超ショートホール

Fly Fisherにも一度起稿させていただいた「超ショートホール」について、ご質問をいただきました。 日本のキャスティングスポーツの歴史は、幾つかの変革の時期があります(これもひとつの記事になりますね)。1970〜80年代に参戦していた選手が築いた歴史を第1期とすると、1994年から2001年のワールドゲームズ秋田大...
大会参加の前に

大会参加の前に

キャスティングスポーツの大会に出場する、と決めたはいいけれど、さて、どうやって出場しようか、とお悩みの方に、読んでいただきたいのがこの投稿です。 はじめての大会 初めて大会に自分から申し込んで出場する、なんていうことは、かなり敷居の高いこと、と思えるかもしれませんが、いやいや実はそんなことは全く無いのです、ということを...
JCSFの運営体制について

JCSFの運営体制について

JCSFでは一般社団法人として活動しておりますが、専従のスタッフを置くほどの活動ができていない状況で、他のスポーツに比べても充分な活動ができているとは言えない状況です。細かなところまで気を配れるまでの人員配置ができていないことで、メンバーの皆さんにご迷惑をおかけしておりますこと、改めてお詫び申し上げます。今年になってか...
フライ正確度
フライキャスティング

フライ正確度

フライ種目の基本も、やはり正確度種目です。正確に投げられるからこそ、飛距離も伸びるというものです。 道具はちょっと特殊? フライ正確度種目では、ドライラウンドとウェットラウンドと、2つの投げ方を求められます。ドライラウンドは、ターゲットに当てるときにフォルスキャストを最低1回はしなければいけないルールがあり、逆にウェッ...
アレンバーグ種目
アレンバーグ

アレンバーグ種目

スピニング正確度種目には、ベイトリールと同じ黄色いターゲットを使う正確度種目の他に、アレンバーグ種目というもうひとつ別の種類の正確度種目があります。それぞれの投てき位置からの投げ方が決められている種目です。同心円のターゲットを使い、的に向かって反時計回りに、10m、12m、18m、14m、16mの距離から、下記のような...
種目別紹介(プラグ正確度種目)
プラグ正確度

種目別紹介(プラグ正確度種目)

キャスティングスポーツについて、各種目ごとに詳しく知りたい、という声をいただきました。ここでは正確度種目の基本となる「4種スピニング正確度種目」と「8種マルチプライヤー正確度種目」について、説明させていただきます。 プラグ正確度種目では、直径76cmの黄色い丸い円盤のターゲットに向かって、スピニングタックル、ベイトタッ...
フライリールの話
Fly

フライリールの話

フライリールの話としながら、なんでモノフィラのラインの写真がでているか、というと、海外の選手の中には、このスプールを使ってリールを自作している選手が結構いる、のです。中にはセンターにベアリングを入れて、回り始めたら止まらない、というようなリールを作っている人もいたりするのです。 使う種目は、1種?2種? http://...
つるや釣具店ハンドクラフト展に出展させていただきます

つるや釣具店ハンドクラフト展に出展させていただきます

今回もお世話になります。つるや釣具店主催「ハンドクラフト展」に、JCSFも出展させていただきます。 会場:全国家電会館4階5階 (文京区湯島3−6−1) 開催時間: 2月10日 12:00-18:00 2月11日 10:00-18:00 2月12日 10:00-17:00 店主の山城さんとは、まだお店が京橋にあった頃か...
歴代記録表と年間予定表
大会関連

歴代記録表と年間予定表

昨日の更新で、2017年度の年間予定表と今までの歴代記録表を更新しました。 年間予定表 歴代記録表 歴代記録表は、JCSF設立当初から開催された大会の中で、公認申請があったもの及び公認されたもの、を集計したものです。大会には出ていても、公認申請をされていない記録については、集計されていません。過去に「自分はもっと良い記...
競技用Fly Line

競技用Fly Line

T38とT120 キャスティングスポーツ競技をされている皆さんは、すでにご存知の競技専用Fly Line「T38」と「T120」。現行のこれらのLineは、UKのエアフロ社で作られています。ICSFからオーダー品なので、エアフロ社のカタログには載っていません。これらのラインはICSFを通じて購入することになりますが、皆...
欧州の応酬

欧州の応酬

片手投げ距離種目がないベイト種目 JCSFが採用しているICSFルールは、全部で9種目。使うリールは3種類。であれば、それぞれの種目で正確度・片手投げ距離・両手投げ距離の3種目で合計が9種目、であればわかりやすいのですが、実はそうではありません。表題のように、ベイトリールを使う片手投げ距離種目がないのです! ブラックバ...
トップウォータープラッガーに捧ぐ(ベイトロッドでアキュラシー)
マルチプライヤー正確度

トップウォータープラッガーに捧ぐ(ベイトロッドでアキュラシー)

18gは5/8ozだということ 日本国内で「ベイトリールを使う釣り」というと、バスフィッシングとなるでしょう。実際に使われているベイトリールの大多数は、バスフィッシングで使われています。他には船釣り(カワハギ釣りとか電動リールとか)やカゴ浮き釣り、石鯛釣り、鯉釣りとかでしょうか。一日に何百回と投げる釣り、いわゆるキャス...
History of Casting Sport
Tackle Tips

History of Casting Sport

キャスティング競技の歴史 on YouTube YouTubeに面白い映像があったので、ご紹介させていただきます。 世界中で行われているキャスティングスポーツですが、競技の発展と道具の進化については、切っても切り離せないものがあります。日本の競技の歴史は、サーフキャスティングから始まりましたが、ほとんどがスピニングリー...
アキュラシー競技のプラグの結び方
プラグ種目

アキュラシー競技のプラグの結び方

フリーノットで結ぶということ ICSF/JCSFルールでは、プラグ正確度種目が開催されるのは、陸上です。となると、水の中での釣りのときより格段にウィークポイントとなるのが、プラグとの結び目です。ターゲットに当たった瞬間や巻き戻している間に地面と擦れることで、傷がつきやすくなり、突然切れてしまうのです。それを防ぐために我...
JFLCC東京大会に行ってきました

JFLCC東京大会に行ってきました

JFLCC 浅草・東京 2017年になって間もない1月8日、釣り関係の最初のイベントになるJFLCC(Japan Fishing Lure Collectors Club)のイベントに行ってきました。正月三が日の暖かさとはうって変わって、底冷えのする浅草で行われたイベントは、街中では成人式の振り袖で賑わう最中、開催され...
1種用リーダーの結束方法
Fly Accuracy

1種用リーダーの結束方法

競技用のリーダーとは? フライ正確度種目の写真を見ていると、フォトジェニックなシーンとして「フライがターゲットに当たった瞬間にあがる水柱」があります。釣りの場合は静かに自然にフライを落とすことが当たり前なのに、競技では水柱?「おかしくない?」いえいえ、そんなことはありません。競技の目的は、いかにターゲットに当てるか、な...
2種6種で競技中のライントラブル

2種6種で競技中のライントラブル

2種6種のライントラブルの対処方法 競技中にランニングラインが絡んだときの対処法です。丁寧に結んで時間的に損をしていませんか? 足元に手繰ったランニングライン。シュートしたときに絡まって飛んで行くこと、ありますよね。競技中にアシストしていて、解いている間にタイムアップ、なんてことになったら、サポートしてる意味もなくなる...
昔話その2

昔話その2

昨日更新した日本のキャスティングスポーツの創世記について。本棚を探せば、まだいろいろな資料も出てくるだろう、と思いつつ、それはまた今度、と思って別のことを考えながら、会社の近くの古書店を通りかかった所、1970年代の『つり人』が置いてあり、なにやら見覚えがある表紙だな、と思いつつ手にとって見ると、大昔に図書館で見ていた...
海外からの来客(その1)
昔話

海外からの来客(その1)

1980年代の日本には、実に多くの方々が、キャスティングスポーツ普及のために来日してくださいました。中でも一番衝撃だったのは、この方でしょう。 シャグ・シャヒド(Shag Shahid) フリップキャストの名手です。5’1/2″の長さのSpeed StickとLew’s Speed Spool ...
Webサイトリニューアル仲間
ACA

Webサイトリニューアル仲間

JCSFでウェブサイトをリニューアルしたように、アメリカのキャスティングクラブもウェブサイトをリニューアルしたようです。 https://www.oaklandcastingclub.org/blog-oakland-casting-clubs-new-website/ オークランドキャスティングクラブも歴史あるキャス...